Category: その他

自営業でおまとめローンの契約が難しい理由とは?契約出来るものも少ない?

Posted on 7 9月, 2018  in その他

日本国内では、様々な人がカードローンやクレジットカードを契約しており、毎月の返済額を少なくしたいと考えています。
その中でも、自営業の場合はカードローンの審査が通り難いということで有名であり、おまとめローンはどうなのか非常に気になる筈です。
そもそも、自営業で厳しいのは株式会社化している場合よりも、有限会社や個人営業といった形態となります。
株式会社とする場合、ある程度の資本金があり、一定の収益を確保することが期待できます。
一方、有限会社や個人営業といった自営業形態となると、収入は不安定になり易く、経済情勢が不安定となった場合は経営破綻することとなります。
そもそも、カードローンやおまとめローンは事業専用ローン以外の場合、事業資金としての利用が認められていません。
しかし、自営業の場合は会社の運営費や社員の給与に自身の生活費を割り当て、自分自身はカードローンで何とか生活する自転車操業が行われる可能性があります。
おまとめローンの方法としては、経営者自身が各借り入れ先へ返済するものもあり、利用実態において不透明さが残ることとなります。
自営業の場合、最悪の状態を想定すると全ての負債を経営者が被り、経営破綻すなわち自己破産を行う可能性も生じるため、おまとめローン 審査においても、経営状態や事業主自身の借入状況や与信情報のチェックが厳しくなります。

自営業でおまとめローン契約を行う場合、どのような方法があるか?そして注意は?

基本的に、自営業を行っている場合、運営資金を預け入れしたり、社員へ支払を行う銀行口座があります。
また、その銀行口座は内部留保金のプールや取引先の振込口座として利用していることが多くなります。
そもそも、自営業の場合は銀行から融資を受ける際に会社の資産や不動産、そして住宅を担保としている場合があります。
このような場合は、ある程度の信用情報や収益状況を銀行側も把握することとなり、事業主自身の収入も安定している場合はおまとめローンの契約ができる可能性があります。
ただし、会社運営しながらおまとめローンという点については、不信感を与えてしまう可能性も非常に高くなります。
では、消費者金融系のおまとめローンといった場合、事業専用ローンによるおまとめは可能となります。
しかし、あくまでは貸金業法が適用されるため、事業主の収入および事業による収益状況を確認した結果、希望通りの融資を受けられない可能性はあります。
実際のところ、銀行や消費者金融の場合、融資という行為は利息により収益を確保出来るものであり、低リスクな契約を重視します。
その結果、サラリーマンと自営業者を比較すると、安定した収入を得た上、業績によりボーナスもアップするサラリーマンに貸した方が収益を生むこととなります。

みずほ銀行のおまとめローンで、高額借金の返済は可能か?

おまとめローンは、消費者金融だけでなく銀行からも提供されています。
銀行の方が消費者金融より利用限度額が高く設定されているという特徴がありますが、みずほ銀行のおまとめローンで、高額借金の返済は可能なのでしょうか。

みずほ銀行・おまとめローンの特徴とは?

みずほ銀行には、おまとめローン専用のローンはありませんが、カードローンをおまとめローンとして利用することが可能です。
2つのプランが設定されており、エグゼクティブプランとコンフォートプランです。
エグゼクティブプランの金利は3.0%~7.0%、コンフォートプランの金利は3.5%~14.0%と非常に低く設定されています。
利用限度額はいずれのプランでも1000万円と設定されています。

高額借金の返済は可能でしょうか

利用限度額が1000万円であることから、高額借金の返済は可能です。
しかし、みずほ銀行が初めて申し込みを行った人に対して、いきなり1000万円の融資を許可することは非常に少ないようです。
一般的には初回の場合は年収の10%~20%までで利用限度額が設定されるようです。
その後利用実績や返済実績に応じて、契約更新時に増額の打診があるようです。
したがって、初回申し込みの場合、高額借金をみずほ銀行のおまとめローンだけで返済することは難しいようです。

即日融資の利用条件

Posted on 14 12月, 2017  in その他

即日融資を受けることができるということについては、多くの人の共通の認識として浸透しつつあります。
むろん、誰もが気軽に利用できるというものではありません。即日融資キャッシングを受けることによって、大きな買い物やサービスができることになるのはいうまでもありません。
即日融資キャッシングをサービス提供しているのは、消費者金融業者やクレジットカード会社が主になります。いずれの金融機関においても、主力のサービスとして多くの力を注いでいることはまぎれもない事実です。多くの利用者の求めに応えるための努力を続けているのです。
即日融資キャッシングを行う際には、厳格な審査が行われることになります。延滞する利用者が多く発生することによって、金融機関の収益が悪化することにつながりかねないからです。
大きな金額ともなれば、なおさらです。200万円といえば、決して小さい金額とはいえません。そう簡単に工面できる金額ではないといえるのではないでしょうか。当然ながら、これだけの金額の融資を受けることができる人は、信用力の高い人といえるでしょう。貸金業法で定められている総量規制がひとつの基準となるでしょう。年収の3分の1までしか借りられないということは、200万円借りたいならば、年収が少なくとも600万円以上あることが望ましいということです。
また、即日融資は18歳では利用することが難しいです。なぜなら、即日融資には年齢制限が設けられているからです。
現在、多くの金融業者では20歳未満の方に対して年齢制限を設けています。そのため、18歳の方は即日融資を受けることが難しいのです。
とはいえ、18歳の方でも即日融資を利用する方法はあります。それは学生ローンを利用することです。条件を満たしていれば、融資を提供してくれる金融業者はあります。ただし、学生ローンでも未成年に融資を提供している大手業者はほとんどいません。それは未成年の場合、融資が回収できず、貸し倒れになってしまうリスクが高いからです。そのため、選択肢はかなり制限されると思っておいた方が良いでしょう。
即日融資はできる限り、短期間で返済されることをおすすめします。なぜなら、即日融資には利子があるからです。利子とは、簡単にいえば、お金のレンタル料のようなものです。返済の回数が多ければ多いほど、利子が発生する回数も増えます。これにより、返済期間が長期化するほど、最終的な返済額も増えてしまうのです。返済期間の長期化は利用者にとって損しかありません。

カードローンの選び方、あなたは銀行?消費者金融?

Posted on 19 9月, 2017  in その他

カードローンの選択肢が広がり、今すぐお金を借りるためにカードローンを利用しようと考えたとき、銀行か消費者金融か迷ってしまいますね。
銀行と消費者金融のカードローンには、いったいどのような違いがあるのでしょうか?
「金利」「限度額」「サービス」、この3点が銀行と消費者金融のカードローンの違いと言えるでしょう。
まず金利ですが、圧倒的に銀行のほうがカードローンにかかる金利が低く設定されています。
消費者金融の多くは金利が20%近いという状態に対して、銀行はほぼ15%前後の金利で収まっています。
金利は返済をするときに発生する利息に直接かかわるものですから、少しでも借金の返済額を少なくしたいと思うのであれば、銀行でカードローンの契約をすることが一番の節約になるでしょう。
次に限度額ですが、実は銀行と消費者金融の上限限度額には大きな開きはなく、各金融機関によってさまざまです。
たとえばA銀行はカードローンの上限金額は500万円までとなっているけれど、B銀行は1200万円まで融資を受けることができる。
逆に、消費者金融も300万円までというものもあれば、800万円までを上限としている場合があるので、一口にどっちのほうが上限限度額が高いという判断は下せません。
ただ銀行と消費者金融に差をつけるものとして、総量規制という制限があります。
総量規制は年収1/3までしか現金を借りることができないという法律で、消費者金融はこの制限を受けなければいけません。
そのため、もし消費者金融で800万円の融資を受けようと思えば2000万円の収入がなければいけないことになりますから、なかなかこの上限をクリアする人はいないでしょう。
銀行は総量規制の制限を受けていませんので、条件によっては年収1/3以上の上限でカードローンの契約ができる可能性があります。
最後にサービスですが、これは圧倒的に消費者金融に軍配が上がるでしょう。
銀行もインターネットでカードローンの申し込みができるようになっていますが、即日融資を受けるためには平日14時~15時の間までに申し込みをする必要があります。
しかし、消費者金融の場合、自動契約機で申し込みをすることで審査が通過した時点でローンカードを受け取ることが可能です。
ローンカードがあればいつでも好きなタイミングで現金を引き下ろすことができますし、返済もコンビニATMでもできるので、なかなかATMに行くタイミングがないという人でも安心してお金を借りて返してを行うことができます。
銀行も消費者金融も、カードローンに対するメリットはたくさんありますから、自分にあった方でカードローンの契約をするといいでしょう。

債務整理 費用どうやって払う?

Posted on 5 5月, 2017  in その他

最初は少しのつもりでもカードローンやキャッシングって便利なので繰り返し使ってしまう人は多いと思います。
繰り返し借金をしてもきちんと返済できれば問題ありませんが、借金の額が増えると返済も困難になります。
返済が困難になると借金返済のために借金を重ねてしまうので、さらに借金がふくれ上がってしまい自分ではどうすることもできない借金を抱えてしまうのです。
そうなってしまったらもう債務整理しかありません。
債務整理とは借金を減らしたり無くしたりできる手続で、弁護士に依頼するとスムーズに手続きすることができます。
借金があるのに弁護士に支払えるお金なんてありませんよね。
しかし債務整理を行って多くの人が債務整理 費用をきちんと支払っているのです。
それは債務整理を弁護士に依頼すると借金返済が一時ストップすることができるので、債権者からの取り立てがなくなります。
債務整理手続き期間中は返済がなくなるので、その間に無駄遣いをしないで債務整理費用にあてることができます。
また債務整理 費用は後払いや分割払いも可能なので、支払に不安がある人は弁護士に相談してみるといいでしょう。

クレジットカードの審査対策が今必要

Posted on 31 3月, 2017  in その他

私今度海外に遊びに行くことにしたんです。
それで海外に持っていけるクレジットカードとかも調べています。
でも友達の中には審査に落ちた人もいて、色々と考えているんですよね。
もうなんでクレジットカードの審査対策とか考えないといけないんだろうと思って。
不安に思うこともあるけどね。
でもこれからはちゃんとクレジットカードの審査対策についてきちんと教えてほしいなって。
そう思っています。
私色々と気にしてしまうと、もうどうしたらいいのかと考えるタイプで。
私は私でちゃんと決めておきたいというのもあるんですよね。
だからもうなんでこんな風にクレジットカードの審査対策とか考えないといけないんだろうなって思ったけどここは慎重に行動したほうがいいかなって思いました。
すごく色々と考えることができたのはよかったですけどね。
でも考えても私ってどうすればいいのかなって思うときもあって。
だから私はきちんと気にしたほうがいいのにね。
色々と考えることができて今はほっとしています。
本当に私これからのこと考えすぎなところとかもあるから。
それに何しろ早く即日発行なところがいいから、早めにしないとなっていうのもあるんですよね。

カードローンにおける銀行と消費者金融のちがい

Posted on 17 9月, 2016  in その他

テレビの宣伝などでおなじみになっているカードローンですが、実際使ってみるととても便利な融資商品であることがわかります。
私の場合、申し込んだのは銀行が取扱っているカードローンでしたが、カードローンには銀行取扱いと消費者金融(ノンバンク)取扱いの二種類があります。
銀行でも消費者金融の商品でも根本的なシステム・機能におおきな違いはありません。
では、どこに違いがあるのかというと、借入できる最大限度額に法的な規制があることです。
この法的な規制のことを『総量規制』といいますが、消費者金融のカードローンには総量規制により、借入上限は消費者金融合計で年収の三分の一までに設定されています。
もし年収が300万円の場合には、消費者金融からのカードローン借入の上限は100万円までとなり、これは複数の消費者金融から借りる場合には合計額となります。
このように、カードローンには種類が大きく二種類あり、消費者金融のカードローンには総量規制という法規制で年収が借入上限に関係するようになります。
カードローンを申し込む際は、初めての方はまずは銀行から申し込むのがおすすめで、2枚目以降にノンバンク系のカードローンを検討するのがよさそうです。

債務整理します!!

Posted on 11 7月, 2016  in その他

先日、ついに債務整理で自己破産することに決めました。
借金のきっかけは夫の病気です。
これまで家族のために頑張ってくれていた夫のため、私は正社員のフルタイムで働くようになりました。
それでも借金の返済でほとんど病院代や生活費がなくなってしまうので、自己破産をすることにしました。
カードローンやクレジットカードで生活費を補てんする生活を数年続けてきましたが、それではいつまでたっても借金が減らないことに、愚かですが、やっと気が付きました。
それでどうやって夫を支えろと。
借金を根本から整理しないことには、これからも病気の夫を支えることができません。
信用情報ブラックリストに載って、今後10年は借金関係、何一つできなくなることも承知です。
もちろん10年後に借金をしようとなんてこれっぽっちも思っていません。
ただ、夫の病気が少しでも良くなって、家族みんなが笑ってくれればいいと思います。
多くの金融機関、カード会社、信販会社にはご迷惑をおかけしました。
でも、どうか許してください。
債務整理で新しい第一歩を踏むチャンスをください。
お願いします。

カードローンは即日融資可能なことが大きな魅力

Posted on 3 5月, 2016  in その他

冠婚葬祭の付き合いは、生きていくためにも欠かせない大切な存在です。
結婚式やお葬式に関わる回数は人によっても異なりますが、兄弟姉妹や友人・知人が多い人ほど、付き合いの頻度も多くなるのではないでしょうか。
また、加齢にともない、仏事が多くなってきます。
そのなかで、法要は事前にわかっていますので当日までにお金の準備ができますが、お葬式だけはまったく予想できませんね。
しかも、職場や友人関係のお葬式が続いてしまうと、家計を大きく圧迫します。
そんなときのために、日頃から別口座で積み立てることがお勧めですが、それでは追いつかないかもしれませんね。
そこで注目されているのがカードローンの即日融資です。
お金を借りるときは申込から融資を受けるまでには一定の期間が必要ですが、カードローンの場合は、申込先によっては申込当日に借入可能という大きな魅力があるのです。
もちろん、しかるべき審査に通る必要があります。
そのためにも、本人確認書類を準備しておくことが大切です。
また、借入先や融資額によっては収入証明書類も必要ですので、こちらも日頃から揃えておくと安心できますね。

カードローンの即日融資で雪だるま式に…

Posted on 22 12月, 2015  in その他

30代後半の主婦です。最近、久しぶりに再会した幼馴染の女性がいるのですが、彼女から壮絶な借金地獄の話を打ち明けられてしまいました。

2年前までは夫と子供二人、ごくごく平凡な生活を送っていたのですが、ある時旦那さんが多大な借金を作ってしまったことをカミングアウト。FXで失敗したということです。月々の返済額が実にお給料の半分以上、というきつい生活に一変しました。彼女自身も、パートを始めて生活費獲得に励んでいるのですが、どうしても赤字になる月が続きました。もともと貯金をほとんどしておらず、住宅ローンにかぶせて借金返済となると、これはもうどうにもなりません。

ついに生活費に困り、ここ2か月はカードでキャッシングをしてしまっているそうです。悪びれずに言うところを見ると、どうにも借金の上乗せをしている状況を呑み込めていないようです。慣れないパートに明け暮れ、心身ともに疲れている様子で、あまり細かいことを塾考できていないのではないでしょうか。このままでは、返済額ばかりが雪だるま式に増えて行ってしまうのでは…?と、本当に心配になりましたが、さすがに私からお金を貸すようなことは絶対にできません。自分への教訓・いましめとして、心にとめておきたいと思いました。

お金を借りるなら誰が良い?

Posted on 25 10月, 2015  in その他

人生の中で、お金が必要になるという時期があります。
子供の学費も決して安いものではありませんので、通常の仕事のサイクルだけでは学費を賄えないというケースも出てきます。
とはいえ、子供には好きな事を勉強させてあげたいという気持もありますので、とてもジレンマを感じます。

そんな時には、一時的にお金を借りるという選択肢もあります。
では、お金を借りるならどこから借りるのがベストになるでしょうか?
答えは簡単です。
最初に助けを求めるべきなのは、家族です。
特に自分の親に聞いてみることができます。
これは決して甘えではありませんので、まずは親にきちんと現状を話して、お金を借りることができないかを尋ねてみましょう。
家族からお金を借りるのはちょっと気が引けるという方も多いかもしれませんが、やはり金利のことを考えなくても良いというのは、借金の面で非常に大きなポイントになります。
300万円借りて、金利が10%であるなら、年利として30万円の出費がさらに必要になるという計算になりますので、返済額が非常に増えてしまいます。
家族であれば、こうした金利について考える必要もないので、やはり家族が一番です。